在宅プログラマに必要な心構えとは

プログラマという仕事をしていると、会社員もフリーランスも在宅で仕事をするという機会があるだろう。近年は在宅勤務の法的な要件もかなり緩和されてきていることとIT技術の進歩によって自宅で仕事をする環境が整ってきていることから積極的に家で仕事をする形を採り入れている会社も多い。

また、フリーランスであればカフェやシェアオフィスということもあるだろうが、自宅で仕事をする機会も多いはずだ。
在宅勤務をする時の心構えで最も大切ことは、自分で自分の仕事のマネジメントを行うという気持ちを持つことだろう。

家の中での仕事は、生活する拠点という環境の中で行われることになるため、公私の区別や切り替えをすることが大変だという声を聞くことがある。まわりで働いている人がいる環境であれば「同僚も一生懸命やっている、自分もやらなくては」と働く意識を持つことができるが、一人だとプログラムに必要な集中力がなくなってしまうというタイプの人は家で仕事をすることが困難になるだろう。しかし、家で仕事ができることは先の内容で述べたようにメリットもあるのだ。たとえば家族とのコミュニケーションだったり、わずらわしい人間関係がなかったり・・といったものだ。

もちろん、公私の区別をつけるという心構えが一層大事になるが、気合だけで実現できるものではないため、区別がつけやすくなるような工夫をするといいだろう。例えば、ここまでやったら休憩するというような超短期目標を設定する方法や、デスクの周辺にプライベートなものを置かず色調もビジネスライクなものに変える方法などがある。自分に合った方法を試してみるといいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です