在宅プログラマと家族の意義

在宅プログラマとして働くことの面白さは家族のいる場所で仕事をしていくことができるという点である。

プログラマの仕事は忙しく、企業に勤めていると連日残業になってしまったり、土日も休まず出勤しなければならなかったりして家族とのコミュニケーションが希薄になってしまうことが多い。それが長く続いてしまうと家庭崩壊の危機もあるものの、在宅で仕事をしていればちょっとした息抜きにも家族とのコミュニケーションをとることができる。

そういったコミュニケーションは職場の同僚とのものよりも打ち解けたものであり、より気力の回復に大きな寄与があるものとなるのもメリットとなる。

一方、開発しているものが家族にとっても身近なものである場合にはそれを通してコミュニケーションを行うことも可能である。ゲーム開発やアプリ開発の場合に、その守秘義務が厳しくないものであれば家族に見せて自分がどんな仕事をしているかを理解してもらうことができる。

場合によっては試用してもらって感想を聞くことも可能であり、仕事と家族とのコミュニケーションとがつながっていくという面白さがある。また、それによって子供がプログラマを目指すようになったり、夫もしくは妻がプログラミングに興味を持ったりした場合には一緒にフリーランスをして働いていくという道も切り開ける。

そういった様々な展望を思い描くことができ、実現することができるのが在宅プログラマの魅力だと言えるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です